マッサージする力の強さとは。

SIMIUSホワイトニングリフトケアジェルの使い方は、朝と晩にジェルを塗り、同時にマッサージを行うだけ。

 

お肌のターンオーバーを正常に促進して、より早くシミを体外に排出してくれるシミケアコスメです。

 

このシミ対策に重要なポイントとなるマッサージは、一体どのくらいの力加減で行うべきなんでしょうか?マッサージの力加減は、数字で表せるような基準がなく、迷ってしまう方も多い事でしょう。

 

間違っても、強い力でマッサージすれば、より浸透してシミが消えるかも?なんて危険なことはしないでくださいね。

 

強すぎる力でマッサージしてしまうと、反対にそれがシミを招いてしまう事にもなりかねません。

 

顔は、薄い筋肉の表情筋がたくさん集まっており、強い力でマッサージをすると、お肌や筋肉に対して摩擦ダメージを与えてしまいます。

 

その結果、お肌が炎症を起こすことも。

 

さらに、お肌が炎症を起こすと、シミの元であるメラニン色素をお肌が過剰に生成してしまう…という悪循環が起こります。

 

そのため、摩擦が起こらない絶妙な力加減でマッサージをすることが重要です。

 

しかし、摩擦が起きない力加減と言われても、なかなかどの程度なのかはわからないもの。

 

摩擦を起こさない力加減は、人それぞれ個人差がありますよね。

 

例えば、乾燥が酷いお肌と潤いのあるお肌では、乾燥しているお肌の方が摩擦が起きやすいのです。

 

お肌の乾燥具合1つでも、摩擦の起きやすさが異なりますので、この力加減ならOKという基準は難しいもの。

 

でも、確実に言える事は、 SIMIUSホワイトニングリフトケアジェルを塗り、マッサージを行う時に、顔のお肌が引っ張られてしまう感覚があれば、それは力が強過ぎるので注意しましょう。

 

または、ジェルの量が少ないのかもしれません。

 

SIMIUSホワイトニングリフトケアジェルは、かなり弾力があるジェルですので、商品と一緒に贈られるお手入れガイドに沿って、適量でマッサージすれば、お肌が引っ張られる感覚は起こりません。

 

量が少ないと摩擦の原因になりますので、注意しましょう。

 

乾燥肌であり、お肌が弱いという方のマッサージを例に挙げるとするなら、お肌に優しく触れる程度の力加減で十分です。

 

マッサージと言っても、構えず優しく触れる程度でかまいません。

 

今まで、エステ店などでプロの美顔マッサージを受けた事がある方は、イメージしやすいかもしれませんね。

 

適量のSIMIUSホワイトニングリフトケアジェルを使っていれば、お肌の上を指が滑る位の力加減でも、マッサージ効果はきちんと得られるのです。

 

 

→限定プレゼント有りでシミウスをお試しされる場合はこちらからどうぞ